AMIを作成してEC2の複製(コピー)を作る方法

サーバ・ソフト

はじめに

この記事はたとえばこんな人に向けて書いています。

・AWSでブログを運営している人

かつ、

・開発環境を作りたい
・ブログのテーマをガラッと変更したい
・大きな改修をしたい

そんな人ですね。

まずはAWS(Amazon Web Service)でブログを運営していることですね。

その前提で、開発環境を作りたかったり、テーマ変更などの何かしら大きな改修をしようと思うと、まさか稼働中の本番環境でいきなり、ってわけにもいかないですよね。

しかも、今まさに動いているEC2のインスタンスを停止せずに同じ環境を構築したいってニーズは結構あるはず。

他にも、単純に手動でEC2のバックアップを取りたい!ってニーズもありますかね。

そんな人に向けて、EC2の複製(コピー)を作る方法です。

AMIを作成する

指を指す男性

この記事、大げさな感じで始まりましたが、実は超~~~~~っっカンタンです!

AWSにはAMI(Amazon Machine Image)ってのがあり、

EC2インスタンスを起動するのに必要なOSやボリュームの情報、アプリケーションなどを含むインスタンスの起動テンプレート

のことをこう呼びます。

EC2のインスタンスを立ち上げるためにはかならずAMIを指定するので、複製(コピー)を作るときもAMIを作ります。

リス太
リス太

手順はシンプルですよ。

EC2インスタンスからAMIを作成

指を指す男性

AWSのコンソールでEC2にアクセスします。

AMIを作成したいインスタンスを右クリックして、「イメージ」→「イメージの作成」へ進みます。

AMI作成1

「イメージ名」「イメージの説明」は好きなテキストを入力。。

リス太
リス太

ちなみに説明に日本語を入れるとエラーになるので注意。

AMI作成2

気をつけたいのは、上から4つ目の項目「再起動しない」にチェックを入れること。
ここにチェックが入っていないと、AMI作成時に作成元のインスタンスが再起動されちゃいます。

さて、必要事項を入力したら「イメージの作成」をクリック。

これで終了です。カンタン!

AMI作成3

作成したAMIのステータスが「pending」になるので待ちましょう。

AMI作成4

available」になったらOK!

AMIを起動してEC2インスタンスを作成

指を指す男性

次に、作成したAMIをベースにEC2インスタンスを作成します。

リス太
リス太

こっちもカンタン!

左メニューの「AMI」から、作成したAMIを選択しましょう。
ステータスが「available」になってますよね。

AMI作成5

確認したら左上の「起動」ボタンをクリックします。

あとはEC2インスタンスを作成する通常の手順通りにやればOKです。

AMI作成6

わからなければ、下の記事を参考にしてくださいね。

初めての人でもすぐ立ち上げられますよ!

おわりに

「AMIを作成してEC2の複製(コピー)を作る方法」でした。

リス太
リス太

カンタンでしたよね。

このカンタンさがAWSのスゴさだなぁと改めて思いましたね。

開発環境を構築するなど、どんな目的でAMIからEC2インスタンスの複製(コピー)を作ったかにもよりますが、ここから細かい設定をしてはじめて使えるようになるんですけどね。

でもまぁ、バックアップを取るとかの目的ならこれだけで完了ですから、ホント便利ですよね☆

Copied title and URL