Ubersuggestとは?Ubersuggestの使い方について

Ubersuggestとは?Ubersuggestの使い方について SEO
Ubersuggestとは?Ubersuggestの使い方について

WEBサイト運営において重要であるSEO(Search Engine Optimization: 検索エンジンの最適化)の対策。競争率の高いWEBマーケティングにおいてSEO対策なしては検索結果を上位に維持することはなかなか難しいと言えます。今回は、そんなSEO対策にピッタリなUbersuggestについて紹介していきます。

Ubersuggestとは?

キーワード調査ツールの一つであるUbersuggest。Googleキーワードプランナーで採用されている技術をもとにデザインされているためかなり性能が高いものと言えます。グーグルトレンドやグーグルキーワードプランナーなどと並ぶ、SEO対策ツールとして重宝されています。検索窓にドメインあるいはキーワードを入力するだけで簡単に分析結果を表示してくれる便利なツールです。登録不必要で使い始めることができますが、一部の機能は料金制で使用が制限されるものもあります。

Ubersuggestの使い方

大きくわけて5つの目的で利用することができます。

ドメイン概要

競争相手の戦略を分析することができます。調査したい競合サイトのドメインを入力するだけで、ターゲットの市場を分析した情報を提供してくれます。すでに成功した他社から学ぶことで自身のコンテンツの改善を効率的に行うことができます。

トップSEOページ

効率よくコンテンツを作るために有効なこの機能は、特定のオーガニックキーワードやフレーズで上位にランクインしている競争相手のページ、さらにはFacebookなどで人気のページを表示させることができます。

キーワード候補

効率的なキーワードを複数表示させることができ、数ある選択肢から自身の気に入ったもの探す助けとなります。ヘッドタームからロングテールまで大量のキーワード候補が提案されます。さらに、各キーワードの検索ボリューム、競合、季節性も同時に確認可能です。また、より便利に使えるよう、競合弁席結果とグーグルに入力された単語、フレーズをもとにして、効率的で適切なキーワード候補が表示されます。

コンテンツアイデア

市場の需要を知ることで、トラフィックの上昇が期待できるコンテンツを作ることができます。特定のキーワードで上位にランクインしているコンテンツを分析し参考にすることで、ユーザーの需要に合わせたコンテンツ作りがはかどります。

被リンクデータ

被リンクはグーグルアルゴリズムの重要項目のひとつですが、優良な被リンクを数多く獲得することは簡単なことではありません。Ubersuggestではアクセスの多いコンテンツの確認が行えるため、依頼先の選別に役立ちます。さらに、被リンクの自身のサイトへの貢献度を確認することができるため優良なリンクを増やす際の手助けとなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はUbersuggestの基本的な使い方について述べていきました。グーグルトレンドなどとともに、SEO対策にばっちりのツールとなること間違いなしです。少し制限はかかりますが無料で提供されている機能でも十分使えるツールですので一度使ってみてはいかがでしょう?

 

 

Comments

Copied title and URL