2021年セキュリティプログラムは必要なのか?

2021年セキュリティプログラムは必要なのか? セキュリティツール
2021年セキュリティプログラムは必要なのか?

 

インターネット

昨今なくてはならない存在になっているインターネット。スマートフォンなどから手軽にアクセスでき、ボタン一つでいつでも多種多様な情報を得ることが出来ます。そんな日常的に欠かせなくなっているインターネットですが、便利な反面、危険が潜む場所でもあります。果たして安全にインターネットを使うにはどうすべきなのでしょうか?

 

セキュリティプログラム

安全にインターネットを使うためにはセキュリティプログラムが重要です。

セキュリティプログラムまたはセキュリティソフトとは、インターネット上に存在する危険からパソコンやスマートフォンなどを守ってくれるソフトウェアの事です。一般的にアンチウイルスソフトなどがそれにあたります。

主な危険として挙げられるのは、クレジットカード情報などの個人情報の漏洩、ウイルスによる機器不良や誤作動、広告などから変なサイトへ飛ばされ金銭の要求をされることなどのトラブルがそれにあたります。

 

セキュリティプログラムに含まれる機能として、個人情報や機密情報の漏洩を阻止したり、インターネット上からウイルスなどの侵入を防ぐ為の防壁(ファイヤーウォール)を構築したりなどが挙げられます。

これらの機能がセキュリティプログラによってインターネットを介した危険への対処法や処置の為のツールとして使われます。

これにより被害を最小限に抑え、安心して快適なインターネット上での生活を送ることができます。

 

インターネットという非常に便利なツールが使われている反面、これを悪用する犯罪が年々増えてきているのも事実です。これらのインターネットを介した被害を最小限に抑えるためにもセキュリティプログラムは必要と言えるでしょう

無料版/有料版

ではどのセキュリティプログラムを選べばいいのでしょうか?

セキュリティプログラムには無料の物と有料の物が存在します。無料の物はパソコンに予め備わっているものが例として挙げられますが、有料の物と比べてしまうとやはりウイルスの検出精度も低く、使えるツールの種類も限られてしまいます。パソコンだけでなくスマートフォンなどのセキュリティも安心してインターネットを使うためには重要視しなくてはいけません。

 

カスペルスキーセキュリティ(Kaspersky security)

有料のセキュリティプログラムの中でも値段的に買い求め易く、高い評価を得ているセキュリティプログラムがKaspersky Security(カスペルスキーセキュリティ)です。

 

Kaspersky VPN secure connect  ( カスペルスキーセキュリティコネクション)は近年増え、利用する人も多い公衆無線LANやフリーWiFiスポットなど、気軽にインターネットにアクセス出来るものの、安全性の低い場所にて役にたちます。自分の通信を暗号化し、他者からの盗聴や情報漏洩を防ぎます。また、Kaspersky Password Manager (カスペルスキーパスワードマネージャー)はメインパスワードを決め、他のIDやパスワード、クレジットカード情報などを暗号化し保管できる管理ツールです。

 

Comments

Copied title and URL