今更聞けない!ニンテンドースイッチとスイッチライトどっちがお得!?

今更聞けない!ニンテンドースイッチとスイッチライトどっちがお得!? Other

最近話題のゲームが多いので、Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)の購入を考えている方も多いのでは無いでしょうか?でもSwitchとSwitch ライトどちらにしようか迷いますよね。SwitchとSwitch ライトの何が違うのかや、Switchライト テレビに接続できるかなど、今更聞けないどっちがお得かをまとめてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね。

ニンテンドースイッチとスイッチライトの基本情報

ニンテンドースイッチ

  • 2017年3月に発売され、2019年8月にバッテリー持続時間を強化したモデルにモデルチェンジ。
  • 2021年10月には、ディスプレイに有機EL(OLED)を採用した「Nintendo Switch(有機ELモデル)」も発売されています。
  • 画面の大きさ:6.2インチ(1280×720ピクセル)
  • サイズ:縦 102mm / 横 239mm / 高さ 13.9mm
  • 重さ:398g
  • バッテリー持続時間:約4.5時間~9時間
  • プレイモード:TVモード / テーブルモード / 携帯モード
  • Joy-Con:〇 HD振動モーションIRカメラ
  • Nintendo Switchドッグ:〇
  • 参考価格:29,980円

ニンテンドースイッチライト

  • 2019年9月に携帯モードに特化したモデルとして発売されました。
  • 画面の大きさ:5.5インチ(1280×720ピクセル)
  • サイズ:縦 91.1mm / 横 208mm / 高さ 13.9mm
  • 重さ:275g
  • バッテリー持続時間:3.5時間~7時間
  • プレイモード:携帯モード
  • Joy-Con:‪✕
  • Nintendo Switchドッグ:‪✕
  • 参考価格:21,978円

ニンテンドースイッチとスイッチライトの大きな違い

ここではニンテンドースイッチとニンテンドースイッチライトの大きな違いであるプレイモードについて解説していこうと思います。

ニンテンドースイッチ

TVモード

テレビ画面に接続する事ができます。家族や友人が集まった時にみんなでゲームを楽しめたり、ひとりで大画面のゲームを堪能したりできます。PlayStationやXboxのような家庭用ゲーム機スタイルでテレビに写して楽しむモードです。

テーブルモード

ニンテンドースイッチの背面スタンドを利用して画面を立てて遊ぶモードです。一人でも遊ぶことができますし、Joy-Conを二人で使ったり、外部コントローラーを接続することで、複数人で対戦プレイや協力プレイを楽しむこともできます。

携帯モード

ニンテンドーDSのように持ち運びもできる本体だけで遊ぶモードです。持ち運びができるので、通勤や通学中などの移動時間でも場所を選ばずプレイできるのが魅力です。いつでも気軽にゲームを楽しめます。

ニンテンドースイッチは以上3つのモードに対応しています。

ニンテンドースイッチライト

携帯モード

ニンテンドーDSのように持ち運びもできる本体だけで遊ぶモードです。持ち運びができるので、通勤や通学中などの移動時間でも場所を選ばずプレイできるのが魅力です。いつでも気軽にゲームを楽しめます。

ニンテンドースイッチライトは携帯モードのみに対応しています。

ニンテンドースイッチライト 買わない方がいい理由

確かに持ち運びに特化していて、軽くて安いというのはありますが、ニンテンドースイッチライト 買わない方がいいと言うよりはニンテンドースイッチを購入すれば、全てのプレイモードでプレイできるので、選択肢が増えるからです。それに、小さい画面でコンパクトに遊べるのもいいですが、やっぱりゲームは大画面でも楽しみたいですよね。小さい画面で長時間のゲームプレイは、目にも身体にもよくありませんしね。ということでニンテンドースイッチライト 買わない方がいい理由として、ニンテンドースイッチの方がお得だからということになります。

まとめ

ニンテンドースイッチの方がお得ということで、特に1台目を購入する際は、ニンテンドースイッチがおすすめです。バッテリー持続時間も長く、Joy-Con、Nintendo Switchドッグなども純正付属な点もニンテンドースイッチをオススメする理由です。シチュエーションに合わせてニンテンドースイッチを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました